竿を握る風俗嬢と…

聞くべき相手は実はフロント

風俗のことを調べる際、直接聞いた方が良いってこともあると思いますが、それを聞く相手は風俗店のフロントでしょうね。フロントに聞くだけでも結構違うし、いろんなことが捗るなって思いますよ(笑)風俗の情報をと思ったらお店のホームページ、口コミ。ここにポータルサイトを加えてもよいかもしれませんが、どれもインターネット上のコンテンツです。正確なものだとは思いますけど、あくまでも客観的事実というか料金とか場所と言ったことで、女の子がどんな子なのかはプロフに明記されていることだけですよね。だからこそフロントに電話して聞くんですよ。フロントに電話すると、タイミング次第ではありますけど時に思わぬ良い情報を得ることが出来たりもしますので、聞いておいて損にはならないんじゃないかなって思いますけどね。むしろどれだけインターネット上で探しても見つけられないような情報をあっさりと見つけることが出来るかもしれないんですよ。

楽しみだった「夜の顔」

職場の同僚にとある噂が流れていたんです。それは「夜のお店で働いている」と。物凄い美人の同僚なんですよ。喋ったこともありますけど美人なだけじゃなくて性格も良いんです。だからといってさすがに本人に聞くわけにはいかないので、そこからは探偵のような気分でしたね(笑)彼女がどこら辺に住んでいるのかは知っていました。会社と彼女の自宅周辺で働くとすればどこなんだろうとか、そもそも水商売と言っても範囲が広いので、風俗なのか、それとも他なのか。いろいろと考えるとなるとはっきり言って範囲が広すぎるなと。だから一週間程、尾行しました(苦笑)かなり良心がいたんだものの、それで風俗店で働いていると判明。その風俗店のホームページをチェックしてみるものの、顔出しNGではあるものの、彼女なんじゃないかと思われる女性を発見したので早速会いに行ってきました。もちろん偶然を装って。彼女とのご対面…の話はまた今度にしますが、一言「最高」でした。