竿を握る風俗嬢と…

とっても貴重な非日常でした

お嬢様…というか上品というか、これまで自分が風俗で楽しんだ女の子とは全然違う個性を持つ風俗嬢でしたね。Kちゃんはおっとりしているんですけど、決して天然て訳じゃないんです。自己主張も強くないですし、癒し系な雰囲気を持っている女の子だったんですよ。スタイルはCカップくらいですかね。微乳でもなければ巨乳でもない。彼女の控え目な性格を表しているボディだなと思いましたし、何より嬉しかったのは彼女がとっても献身的なプレイをしてくれる女の子だった点ですね。自分のためにお嬢様テイストの彼女が尽くしてくれるんです。これまでの風俗ではあまり遊んだ試しがないタイプの女の子だったので、非日常感をたっぷりと感じました。色気があるとかじゃないと思うんです。でも、それが逆に新鮮というか、普段あまり見かけないタイプなだけに、自分自身かなりドキドキしましたし、「どんなプレイになるのか」という想像力まで刺激されたほど、最高の存在でした。

初心者でも簡単でした!

風俗って自分なんかでも簡単に楽しめる世界だなって思いました。興味がなかったわけじゃないんですけど、ただ遊ぶきっかけが掴めないというか、遊びたいな…と思いつつ、時間だけが経過するってパターンですね(苦笑)そんな自分にチャンスがやってきたんです。それは、とある風俗に間違えて入ってしまったんですよ。本当は飲食店に行く予定だったんですけど風俗店の方と間違えちゃったんです。雑居ビルの何階にあるのかとか、良く分かっていなかったんですけど、間違えて入ってしまって受付から「いらっしゃい」「当店は初めてですか?」とか言われて、なすがままに遊ぶことになってしまって(笑)でも、初めはかなり緊張していましたけど別に難しいことをするとかではないんですよね。むしろ頑張るのは自分じゃなくて風俗嬢側じゃないですか(笑)だからあんまり深く考えることもなく、気付いたら満足出来ました。だからこれからもっともっと楽しみたいですね。