竿を握る風俗嬢と…

問題ない。それに尽きるでしょう

風俗で遊ぶのは何ら問題ありません。そして、自分はこの一言に尽きるかなと。というのも、風俗っていろんな選択肢がありますし、好みだって人それぞれなので、どれにするのかや誰にするのかによって満足度はまったく違うと思うんですよ。でも自分は風俗は大好きなんです。ただ、細かいこだわりはないんです(笑)だから誰でも楽しめるタイプなんですよ。割と前向きと言うかポジティブなタイプでもあるので、決まったことに対してあれこれ言うよりも、目の前の女の子とどんな時間を楽しめるのか。その方が断然大切なことなんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗で自分自身、とにかく意識しているのはどんな女の子であれ問題ないので、ポジティブな気持ちを持って向き合うってことです。ちょっとした気の持ち方って話ですけど、これが何気に大切なことでもあるんじゃないかなって。むしろそこを意識するようになって、風俗の本当の楽しさが分かってきました。

風俗はバランス感覚も大切

バランス感覚はいろいろな所で求められるものだとは思います。だから何が正しいと一概に言えない部分もあるんですけど、風俗で女の子との距離感を縮めるためには、とりあえず文句は言わない方が良いですね。これは風俗嬢への文句ってだけじゃなくて、何事にもです。会社や上司の文句とかも、出来る限り控えるべきですし、言うのであれば断りを入れてから、さらには短くまとめるくらいにすべきです。あまりにも文句や愚痴三昧になってしまうと、いくら風俗嬢でもさすがにウンザリしてくるでしょうね(笑)表に出さないようにしようとは思っても、ウンザリ感はどうしても顔に出てしまいますの、男側としても「つまらないのかな」と思ってかえってエスカレートして文句を言って更なる悪循環を招いたりしちゃうんです。その状態から挽回するのは余程の話術がないと難しいので、そんな状況にならないよう、初めからあまり文句を言わない方が良いので、バランス感覚も大切です。