竿を握る風俗嬢と…

先入観が変わったかもしれない

それまで風俗に抱いていた先入観は、自分自身で実際に遊ぶようになってからかなり変わりました。それまではそこまで深く意識していた訳ではないようなことも、実際に遊ぶようになってから、女の子は何を考えているのかなとか、お客として女の子の負担を減らすためには何が良いのかなと言ったことを考えるようにもなりましたね。それまでは風俗はもっと機械的と言うか、そこまで気持ちが揺れ動くようなものではないって思っていたんです。女の子に抜いてもらう。それ以上でもそれ以下でもないものだろうなって思っていたんですけど、実際には全然そんなことはありませんでした。むしろハートウォーミングな展開だって待っているんですよ(笑)これらはすべて自分次第だと思いますけど、それらを楽しんでみることによってじゃあ何が生まれるのかとか、自分がどんな気持ちになるのかなど、何かしらの効果が生まれるものではあるんですよね。それもまた、風俗の魅力でしょう。

退屈だからこその風俗でしょう

日常生活なんて退屈そのものです。何も楽しいことなんて無いですし、毎日のように仕事に追われているんです。楽しい訳がないんですけど、ただ唯一の楽しさがあるのが風俗かなって思っているんですよね(笑)むしろそれ以外に楽しさが見当たらないんですよ。だからこそ、風俗ってとっても楽しいというか、がっつり楽しみたいって気持ちがあるので風俗だけは妥協しません。他に関しては妥協なんて得意技と言うか、特にこだわりがないので仕事でも妥協しまくりですけど、風俗に関しては妥協をせずに楽しませてもらっています。ホームページを見て自分の好みの女の子と楽しみたいって思っているのはもちろんですけど、楽しむだけじゃなく、楽しむからには理想そのものと言っても良いような時間をって気持ちがあるんですよね。だから風俗を楽しむ時には自分の理想に対して妥協することなく、がっつりと楽しめればそれでよいかなって思っていますし、常にその点を心掛けています。