竿を握る風俗嬢と…

気持ちに嘘をつかず、風俗

自分の気持ちには嘘をつかないようにしています。それは風俗の話です(笑)遊びたい時には遊ぶ。それがベストなんじゃないかなって思うんですよね。なぜなら、風俗っていろんな物があると思いますけど、それ以上に重要なのは自分の気分ですよね(笑)風俗は本能を満たすものなんです。それだけに、本能って計算出来るものでもなければコントロール出来るものでもないんです。遊びたいって思ったら、その時に遊べばそれでいいんじゃないかなって思うんですよね。だからこそ、風俗っていろいろなことを楽しみたいなって気持ちでいっぱいなんですよ。それってやっぱり風俗が男にとって理想そのものなサービスだからこそなんじゃないかなって思いますけどね。その点で、自分にとって風俗の存在は想像以上に大きいものがあるんじゃないかなって思っていますし、これからももっともっと楽しみたいなって気持ちでいっぱいなんです。それがとにかくありがたいものなんですよ。

存在感はピカイチですね

彼女の存在感は風俗の中でもピカイチかなって思いましたね。これまでいろんな風俗嬢と遊んできたんですけど、彼女の素晴らしい所はこちらへの奉仕の気持ちが強い点。でも、そこまで押し付けてくるでもなく、自然な形でこちらを最優先にしてくれるんですよ。だからとっても心地よかったです。あんまり気を使われすぎると、こっちとしてもやっぱりどこかで「あまり気を使わなくても良いのに」みたいに思っちゃいますし、ともすれば気を使われすぎて疲れる部分もあるじゃないですか。そこまで気を使ってくれなくても良いのにって思うことは、結構あると思うんですよね。でも彼女との時間に関しては、そういったことを考えることもなく、自分の中で何よりも普通に楽しむことが出来ました。彼女の塩梅のおかげなんでしょうね。気を使われている感が無いけど、でも彼女にコントロールされていたってことですしね。それだけ彼女はハイレベルってことが言えるんじゃないかなって。