竿を握る風俗嬢と…

慣れていない人妻が逆にそそられた

彼女は新人人妻。風俗の世界は経験も大切だと思うので、女としての経験は豊富でも、風俗嬢としての経験はまだまだだったんでしょうね。でもそれが逆に良かったんです。その日指名したWさんは新人人妻で、まだまだ慣れていないのかなと思わせる部分もたくさんありましたけど、でも一生懸命な部分もたくさんありましたし、それはそれでとっても楽しめたんじゃないかなって思っています。むしろあの慣れていない感がリアルだったんですよね。彼女はまだ風俗嬢にはなり切れていないんです。だから人妻としての経験で勝負するしかないじゃないですか。でも、そこはやはり人妻として、女としての経験はそれなりにあるので、こちらに対してはいろいろと楽しませてくれました。だからこそ、余計慣れていない部分を垣間見るとこっちとしても興奮してくるなって思ったんですよね。それだけのことが出来るって、実際にはあまりないじゃないですか。。それだけに、本当に楽しかったですよ。

風俗の方が気兼ねが無い

恋人がいるのに風俗で遊んでいると言えば、ダメ男というかだらしのない男というか、いずれにせよあまり良い印象を与えるようなことはないかもしれませんが、自分は風俗の方が気兼ねなく楽しめるので好きなんですよ。恋人相手だと気を使ったプレイ…プレイというよりも愛情を確認するコミュニケーションとかスキンシップとかそんな位置付けになっちゃうじゃないですか。自分はそんな気を使ったものじゃなくて、それこそ野獣となって本能の赴くままに楽しみたいんですよ。でもさすがにまだそれは出来ないなと。いずれは出来る日も来るのかもしれませんけど、相手との信頼関係次第じゃないですか。それなら自分の思いを初対面の相手でも試せる風俗の方が断然素晴らしいんじゃないのかなって思うんですよね。あれこれ気を使うのってやっぱり面倒じゃないですか。それよりは気を使わずに楽しめる風俗の方が個人的には断然素晴らしいんじゃないのかなって気持ちがあるんです(笑)